賃貸の新築物件に入居する際の注意点

賃貸の新築物件は、きれいだからこそ、トラブル時の対応や、暮らし方、退去の際の掃除には、注意が必要です。

賃貸の新築物件に入居する際の注意点

賃貸の新築物件に入居する際の注意点

賃貸の新築物件は、とても貴重です。賃貸物件は、前の入居者が存在する物件がほとんどなので、新築物件に入居できるというだけでも価値があります。使用感がなく、真っ新な状態の部屋を自分のスタイルに染めることができますし、水回りなどの年月とともに、劣化しやすい箇所の老朽化を心配する必要もありません。しかし、自分が暮らし始めてからトラブルが生じた場合、築年劣化という理由が存在しないため、責任や原因が自分自身にかかってくるということでもあります。中には、自分自身に原因がなく、トラブルが出てきてしまうこともあるので、その際は、管理会社や、大家さんに、中古の賃貸物件に比べ、明確にトラブルがおきたときの状況や、使用状況を説明して、非がないことを伝えなければなりません。それを誤ると、責任を追及されることになってしまいます。

退去する際にも、注意が必要です。新築物件ですと、自分の入居前には傷ひとつない新しい状態だったということになるので、生活していく中でついた傷や汚れに対しても厳しい目で見られることになります。前からついていた傷や、汚れなので、免除されるということがないので、賃貸物件を退去する際には、掃除を念入りにしたり、暮らしいる間は、画鋲やくぎの穴など開けないよう注意するなどの配慮が必要になります。

その他のオススメ記事

注目情報