賃貸の新築物件に入居する際の注意点

賃貸契約をする前に、キッチンや冷蔵庫、バス、トイレ、洗濯機などの水周りを重点的に注意しよう。

賃貸の新築物件に入居する際の注意点

賃貸契約の前に水周りを重点的に注意しよう。

賃貸契約をするときには、水周りが特に重要になってきます。生活するうえで、水周りは毎日使うものなので、特に注意しなければいけません。まず、キッチンですが、実際に入居して使用しだすと特に気になってくる部分になります。シンクが小さすぎて洗い物がしにくいとか、キッチン自体が狭くて使いにくいなど様々です。また備え付けの冷蔵庫がある場合は、容量をきちんと確認しましょう。物があまり入らずに、苦労する場合も出てくるでしょう。

次にバス、トイレですが、こちらは一体型と別々など様々です。一人暮らしだと特に気にならないかもしれませんが、同居人がいる場合やお客さんがくると一体型だと不便に感じるかもしれません。また、トイレと住居スペースが近すぎると、音が漏れなども気になってくるところです。

また洗濯機の置き場にも注意が必要です。バルコニーなどに置き場があるケースもあり、音が気になり、夜間は使えないなどのケースもあります。また、室内にある場合でも、湿気がこもってカビの発生の原因になったりもします。水周りは、使い勝手をイメージを想像して決める事が重要です。後で、後悔することがないように、賃貸契約する前にきちんと確認することが大切です。

その他のオススメ記事